今日もランクル日和

40代からはじめる素敵なランクル生活

ランドクルーザー70 ハザードボタン増設キット 【取付・取扱説明書】

製品の説明はこちらです。

landcruiser76.hatenablog.com

取付・取扱説明書

準備



電装品をいじるときの基本。バッテリーからマイナスターミナルを外します。ランクル76は並列で2個つながっているので、両方のマイナスターミナルを外します。マイナスターミナルが端子に触れると火花が飛ぶので、当たらないように養生しておきます。

メーター周り分解



メーターフードは矢印のプラスネジを外します。



わかりにくいですが奥のほうのネジだけ外します。手前のネジは外す必要はありません。



矢印のプラスネジを外します。緑矢印のネジ2本だけは長いので組み立てのときには注意です。



ネジが全て外れたらメーターフードが外れますが、メータフード奥に2ヶ所スナップがありますので、上に引張って外します。



メーターフードには、向かって右側のH4セレクタースイッチと向かって左側のドアミラー調整スイッチがつながっているので、コネクターを外します。これでメーターフードが完全に外れます。メーターフードは邪魔にならないところで養生しておきます。



メーターユニットは、赤矢印4ヶ所のボルトで固定されてます。矢印以外のネジは透明スクリーンの固定ネジなので外す必要はありません。



メーターユニットの裏側は、白・青・茶3つの大きなコネクターが刺さっているので、全て外します。これでメーターユニットが外れます。精密機械なので邪魔にならない場所で養生しておきます。



全て外れたところです。
私の車両にはキーレス・オーディオ・その他後付ユニット配線がありますが、メーターユニット裏側には空いた空間があります。

コラム下分解



ケーブル接続作業は、上記写真のハンドルコラム下のコネクターです。(赤で囲んだコネクター

わかりやすくコラムカバーを外していますが、実際にはコラムカバーは外す必要はありません。

ただしコネクター下の空調ダクトは邪魔になるので外します。



給油口レバー固定ボルトに空調ダクトのステーが共締めされているので、ボルトを2本とも外します。

 



空調ダクトの両端は差し込まれているだけなので、少し動かすと外れます。結構汚れているしスポンジも劣化しているので、この機会に分解・洗浄、スポンジの交換をしておくと良いでしょう。

ハザードボタン設置


ハザードボタンからのケーブル4本(黒・黒)を配線します。

上写真はわかりやすくボタンスイッチを合成していますが、ケーブルはコネクターで接続されているので、コネクターを切り離して作業します。

は、後述するリレーに接続するためにメーターユニットの裏側の隙間から下に向かって配線します。も同じくメーターユニットの裏側の隙間から下に向かって配線します。



はアースなのでボディ鋼板のどこに落としても良いのですが、私は管理しやすいように分かりやすい位置に集約しています。(後付け電装品の系統ごとにまとめています)ケーブルを適当な長さに切断して、端部を付属の丸形端子をカシメて接続します。



はイルミ電源に接続します。どこにつなげても構いませんが、H4セレクタースイッチの緑線から分岐するのが簡単です。

リレー設置



純正の(フラッシャー)リレーはハンドルコラム下に剥き出し並べられているので簡単にアクセスできます。新しく増設するハザードリレーは、純正リレーの横に設置します。

 



リレーは上写真のスチールステーを使って固定します。リレーが当たるところにスポンジを貼っています。また結束バンドベースを背面に貼り付けてありますので、リレーを結束バンドで固定できるようになっています(リレーの結束バンド固定は後述の配線通しが終わってからです)

 



純正リレーステーの下に、リレー固定スチールステーを挟み、純正リレーステーの取付ボルトで共締めします。
ハンドルコラムに接触しないような位置に調整します。(写真はプロトタイプなのでスポンジ・結束バンドベースがついてません)


リレーを固定する前に、ケーブルを配線します。



全体配線イメージです。

リレーにつながっているケーブル(薄緑・白)をステアリングシャフト裏側からコラム下までのメインハーネスに添わせて配線します。

リレーにつながっているをアースに接続します。前述ハザードボタンのと同様の処理をします。私は同じ位置に接続しました。

ハザードボタンからのをリレー7番に接続します。適当な長さに切断して、付属の平型を橙の端部にカシメてリレーに接続します。端子カバーか熱収縮チューブで絶縁しておきます。

ハザードボタンからのを、リレーにつながっているに接続します。どこで接続しても良いので、作業がしやすいところでは1本に集約します。

 

すべてケーブルを概ねの位置に通したら、リレーを結束バンドで固定します。

リレーを固定する前に再度リレーにつながっているケーブルに無理がないことを確認しておきます。



結束バンドは少しキツめに締め上げてください。スポンジがつぶれて反発力と摩擦力で固定されます。ゆるいとリレーが動きます。
(写真はプロトタイプなのでリレーが両面テープで固定されています)

配線接続

純正コンビネーションスイッチにつながるコネクターをバラしながら、1本1本配線接続していきます。



外れ止めを押しながらコネクターを引っ張ると外れます。



ビニールカバーを外します。



リレーからのケーブルをメインハーネスに添わせてクラッチやブレーキリンケージなどの可動部分にあたらないようにコネクターまで持ってきます。

 



ネクターを付けたまま接続することもできますが、ケーブルが短くやりにくいのでコネクターから端子を外します。

真ん中のグレー部分がロックなので、赤矢印のレバーを押し込みながらグレーの部品を持ち上げます。ケーブルも干渉するので外側に広げます。これは少しコツがいります。レバーを押し込めるような精密マイナスドライバーなどの細い棒(板)が必要になります。



グレーの端子押さえが外れました。



接続作業をするケーブルの爪(赤矢印)を精密マイナスドライバーなどで押し上げたままケーブルを引っ張ると端子が外れます。

 



外すのは、1番(黄緑/黒)、3番(緑/白)、7番(緑/赤)、8番(緑/黄)、9番(緑/黒)ですが、全て外してしまうと元の場所が分からなくなるので、1つコネクターから外す→配線接続→コネクターに戻すを繰り返します。



今回は、7番(緑/赤)だけケーブルカットします。勇気が入りますがエイヤ!っと真ん中あたりで切断します。

 



スプライス端子の接続方法は各自のやりかたにお任せします。今回は狭いのでエレクトロタップは使えません。付属のスプライス端子を電工ペンチでカシメるか、ハンダ付けして接続してください。



梨地テープで絶縁します。熱収縮チューブでも構いません。



【ここ重要】
ネクター側(緑/赤)にリレー番号1 薄緑 を結線
本体側(緑/赤)にリレー番号5 を結線します。
間違えないように!

このとき緊急用ギボシ端子をつくっておくと万が一リレーが故障したときに、即時回路切り離しができ純正ハザードが使えるようになります。



緊急時にキボシ端子を繋げば、純正回路に戻ります。
ここにスイッチ(許容電流5A以上)をつければもっと簡単に復旧できますが、いまのところギボシ端子程度の保険で問題ないと考えてます。

上写真では、ギボシの位置がコネクターに近すぎて復旧しにくいので、もう少し伸ばして、メインハーネスに添わせておけば、手探りでも復旧できると思います。ここは個人の考え方で判断してください。

ギボシオス端子は、梨地テープで絶縁しておきます。

 



7番以外は、分断せずに接続なので、ワイヤーストリッパーを使えば簡単です。



接続するケーブルを絡めてスプライスをカシメて梨地テープ絶縁します。



すべての結線が終わったところです。



先に外したグレーの端子押さえを元に戻します。
これ忘れがち!




ビニールカバーを被せて、梨地テープで固定します。



ネクターを元通りに差し込みます。

 



結線したケーブルをまとめて、本体側メインハーネスに結束バンドで固定します。

作動チェック

すべてのケーブルの接続を再度確認します。問題なければバッテリーのマイナス端子を接続します。

増設したハザードボタンを押して、4つともウインカーが点滅すれば成功です!
うまくいかないようでしたら、ケーブルの接続状態を再度確認します。

純正のハザードも使えます。こちらも作動確認してください。



暗いところでイルミONにしてハザードスイッチの表示が光っていることも確認します。

内装組み立て

空調ダクト・メーターユニット・メーターフードをバラした逆の手順で組み立てます。メーターフードをはめるときにケーブルを挟まないように注意してください。もちろん電動ミラースイッチの代わりにハザードスイッチをはめこみます。

これで完成です。
お疲れ様でした。



心ゆくまでハザードボタンを押してください。ただし走行中意味もなく押してはダメです。押したくなる気持ちもわかります。ミサイル発射ボタンに見えてしまう気持ちも分かります。今はグッと抑えてください。そのうち落ち着きますよ。そして道を譲ってくれてハザードで答えたとき、押しやすさに感動するはずです。もう純正には戻れませんよ。